紫ボタンボウフウの収穫中

香々地ボタンボウフウ研究会です。

香々地長命草(紫ボタンボウフウ)は、茎が紫色をした特徴を持ち、栽培が厳しく希少価値の高い品種です。
国東半島の温暖な気候と幾度となく研究を重ねた事により、畑での栽培が可能となりました。
出来る限り自生に近い環境にこだわり、潮風が吹く岸壁の上の畑で、栽培期間中は化学肥料や農薬を使いません。

手植え・手作業で、除草と収穫をおこなっております。
気象状況にもよりますが、4月下旬から6月上旬あたりが収穫時期となります。

いま!まさに心を込めて収穫をおこなっている最中でございます(^^)
手間を惜しまず、愛情を込めて品質にこだわった栽培を心がけております!